July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

30°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 来日控えるフルトンがLAで最終調整 モンスター井上尚弥との大一番まで2週間余

来日控えるフルトンがLAで最終調整 モンスター井上尚弥との大一番まで2週間余

2023年7月9日 9時37分

 前バンタム級4団体統一チャンピオン井上尚弥(大橋)の挑戦を受けるWBC&WBO統一S・バンタム級王者スティーブン・フルトン(米)が地元フィラデルフィアから西海岸のロサンゼルスへ移動。ハリウッドにある「ブリックハウス・ボクシング・クラブ」で最終調整を行っている。

井上戦に向けピッチを上げるフルトン

 ジムの関係者によるとフルトンは井上戦を「パウンド・フォー・パウンド(PFP)ナンバーワンを決める戦い」と位置づけ、PFPランキングでトップを争う井上との対決にモチベーションを高めている。ロサンゼルスに移ったのは軽量級のスパーリングパートナーに恵まれている利点を考慮したもようだ。

 また同ジムで選手を指導するアジア系のジュリアン・チュア・トレーナーはフルトンのコンディショニング・コーチを務めており、チームになくてはならない存在。同トレーナーはミット打ちなどもサポートしている。

 フルトンをプロモートするPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)の広報は、日本への出発日は未定と話し、直前まで発表しない方針のようだ。今のところ「少なくとも来週末(15日)まではLAにいるだろう」とのこと。世界中のボクシングファンが注目するビッグファイトが近づいてきた。写真=チュア氏のフェイスブックより

Related article
関連記事