February
22
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

4°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > サンチェスvsコンセプシオン、WBA・SF級暫定戦

サンチェスvsコンセプシオン、WBA・SF級暫定戦

2015年9月19日 11時23分

 メキシコのエルモシーヨで明日19日(日本時間20日)挙行されるWBA・S・フライ級暫定タイトルマッチの計量が18日、同地のスーパーマーケットで行われ、暫定王者ダビ“トルナード”サンチェス(メキシコ)が114.9ポンド(52.12キロ)、挑戦者WBC8位ルイス“ニカ”コンセプシオン(パナマ)が112.8ポンド(51.16キロ)を計測。リミット115ポンドをクリアした。コンセプシオンがかなりリミットを割っていたのが目立った。試合はエルモシーヨのCUM(多目的センター)で行われる。

サンチェス(左)とコンセプシオン

 これが2度目の防衛戦のサンチェス(28勝22KO2敗2分=24歳)は「まずは第一関門を突破した。これから100%の状態に戻し、明日すばらしいファイトをお見せして勝つだけ」とコメント。正規チャンピオンは河野公平(ワタナベ)だが、試合用のプレス資料やリング上のアナウンスは“暫定”が取れてレギュラー王者と変わらない扱いだ。

 一方4月、同じくメキシコでWBC同級王者カルロス“プリンシペ”クアドラスに挑戦し大差の判定負けを喫したコンセプシオン(32勝23KO4敗)は連続して敵地でアタック。「俺はトルナードをノックアウトする。彼は減量でヘトヘトで、回復しないだろう。明日CUMを静寂に包んでみせる。メキシコのフィエスタは終わり、ベルトはパナマへ移動する」と元WBAフライ級王者は挑発した。

 オフィシャルはレフェリーがヒューバート・エール(カナダ)。ジャッジはエルナンド・ステイデル、ネルソン・バスケス(ともにプエルトリコ)、グスタボ・ハルキン(ニカラグア)。スーパーバイザーはカルロス・チャベス(ベネズエラ)。Photo/Zanfer Promotions

Related article
関連記事