April
16
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 6.1サウジ マッチルーム×クイーンズベリー対抗戦 メインはL・ヘビー級4団体統一戦

6.1サウジ マッチルーム×クイーンズベリー対抗戦 メインはL・ヘビー級4団体統一戦

2024年3月25日 10時49分

 イギリスの2大プロモーション、マッチルームボクシングとクイーンズベリープロモーションズが6月1日、サウジアラビアのリャドで5対5の対抗戦を行う。エディー・ハーン、フランク・ウォーレンの両プロモーターとサウジ総合娯楽庁のツルキ・アルシク氏がYouTubeチャンネルで明らかにしている。

ワイルダー

 同日はL・ヘビー級3団体王者アルツール・ベテルビエフ(ロシア)とWBAスーパー王者ドミトリー・ビボル(ロシア)による4団体統一戦が発表されており、対抗戦も加わって注目のビッグイベントとなりそうだ。

 対抗戦のカードは確定していないが、両プロモーターはヘビー級、ミドル級、フェザー級、L・ヘビー級での開催を計画している。

 リング誌によると、ヘビー級は前WBC王者デオンテイ・ワイルダー(米)×前WBO暫定王者ヂャン・ヂレイ(中)、IBF指名挑戦者フィリップ・フルコビッチ(クロアチア)×元WBAレギュラー王者ダニエル・デュボア(英)が有力だと報じている。

 もし試合が決まれば、ワイルダーは昨年12月、サウジで元WBO王者ジョセフ・パーカー(ニュージーランド)に敗れて以来のリングとなる。ヂャンも3月にパーカーに敗れてからの再起戦だ。

 ウォーレン氏は「イギリスの伝統的な階級」であるミドル級にも言及。リング誌はWBO1位ハムザ・シュラーズ(英)とWBA3位オースティン・ウィリアムス(米)の無敗対決を候補に挙げた。 

 ハーン氏はフェザー級での開催を希望した。WBA王者レイモンド・フォード(米)にニック・ボール(英)が挑戦するプランが計画されている。ボールは今月、サウジでWBC王者レイ・バルガス(メキシコ)に挑戦し、引き分けながら2度ダウンを奪って株を上げた。

 ハーン氏が最後に「英国ボクシングにとってもう一つのファンタスティックな階級」として挙げたのがL・ヘビー級。こりらは元S・ミドル級王者のカラム・スミス(英)らが候補となりそうだ。

Related article
関連記事