April
15
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > プエジョ&ガルシア、ドミニカン2人が世界王者に WBA・S・フェザー級グティエレス陥落 

プエジョ&ガルシア、ドミニカン2人が世界王者に WBA・S・フェザー級グティエレス陥落 

2022年8月21日 16時26分

 米フロリダ州ハリウッドのセミノール・ハードロック・ホテル&カジノで20日(日本時間21日)行われた2つのWBAタイトルマッチは、いずれもドミニカ共和国の選手がベルトを獲得した。

プエジョ(右)は判定を聞いて雄叫び

 まずイベントのセミ格でゴングが鳴ったWBA・S・ライト級王座決定戦はサウスポー同士の対戦。同級1位アルベルト・プエジョ(ドミニカ共和国)が2位パティル・アフメドフ(カザフスタン)に左右で仕掛けてリード。しかし4回から反撃したアフメドフは6回、プエジョをロープへ詰め、右を上下に叩き込む。

 後半もプレスをかけるアフメドフがプエジョをコーナー、ロープへ追い込みドミニカ人がカウンターを浴びせる攻防で推移。拮抗したスコアが予想され、ジャッジ1人は115-113でアフメドフだったが、他の2人は117-111と意外な大差でプエジョが支持された。2-1判定勝利に狂喜したプエオは21勝10KO無敗。アフメドフは9勝8KO2敗。

ガルシア(右)はグティエレスを攻略した

 同じリングのWBA・S・フェザー級王者ロジャー・グティエレス(ベネズエラ)vs.挑戦者1位エクトル・ルイス・ガルシア(ドミニカ共和国)は出だしからサウスポーのガルシアがリード。4回、左でグティエレスをのけ反らせ、右アッパーをフォローするなど8回までポイントを蓄積する。

 しかし9回以後、グティエレスが奮起。右フック、ストレートでガルシアを攻め立てるシーンをつくる。しかし時すでに遅し。前半の攻勢が功を奏し、スコアカードは118-110,117-111が2者の3-0でガルシアがベルトを巻いた。ガルシアは16勝10KO無敗3無効試合。2度目の防衛に失敗したグティエレスは26勝20KO4敗1分。Photos from Esther Lin/SHOWTIME

Related article
関連記事