日本語

Home > Feature(page4)

Feature一覧

Featureの検索結果 50

Feature

井上尚弥プレイバック 2016.5.8カルモナ戦 
逆境のフルラウンドはドネア戦につながる経験

 WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者、井上尚弥(大橋)はちょうど4年前の今日、WBO世界S・フライ級王座の2度目の防衛戦で指名挑戦者のデビッド・カルモナ(メキシコ)を有明コロシアムに迎えた。  井上は2014年暮れ、2階級アップの離れ業でWBO・S・フライ級王者オマール・ナルバエス(アルゼンチン)に挑戦し、ベテラン名王者を2回KO勝ちで粉砕してみせた。 ... 続きを読む

2020年5月8日 金曜日

Feature

名勝負プレイバック パッキャオがハットンを衝撃のワンパンチKO 
2009.5.2 最強伝説極まれり 後世に残る名シーン

 6階級制覇王者マニー・パッキャオは日本のゴールデンウイークにあたるこの時期に忙しくリングに上がっている。本企画で触れたフロイド・メイウェザー戦(2015年5月2日)のほか、フアン・マヌエル・マルケス第1戦(2004年5月8日)、リッキー・ハットン戦(2009年5月2日)、シェーン・モズリー戦(2011年5月7日)がそうだ。  初回に3度ダウンを奪いながらド ... 続きを読む

2020年5月3日 日曜日

Feature

名勝負プレイバック メイウェザーvs.パッキャオ 
史上最高“300億円マッチ”に世界が興奮

 2015年5月2日、米ラスベガスのMGMグランドガーデンアリーナで世紀の一戦が行われた。47戦全勝のパウンド・フォー・パウンド・キング、フロイド・メイウェザー(米)とアメリカンドリームを実現した世界6階級制覇、マニー・パッキャオ(比)の対決がついに実現したのである。  ボクシング界の双璧、メイウェザーとパッキャオの“夢対決”は09年から何度か交渉が持たれた ... 続きを読む

2020年5月2日 土曜日

Feature

名勝負プレイバック オスカー・ラリオスvs.仲里繁 
2003.4.26 “剛腕”仲里が王者のアゴ砕くも及ばず

沖縄の期待を背負って  沖縄返還から5年後の1976年、具志堅用高が沖縄県出身選手として初の世界王者となった。具志堅のあとにも沖縄勢の活躍は続き、隆盛はしばらく続いたが、1992年の平仲明信(WBA・J・ウェルター級王者)の世界タイトル獲得を最後に、その勢いは少しずつ衰えていった。 2003年4月26日、仲里繁は故郷の大きな期待を背負って両国国技館のリングに ... 続きを読む

2020年4月26日 日曜日

Feature

名勝負プレイバック 長谷川穂積vs.ウィラポン 
15年前のきょう WBCバンタム級タイトル戦

 いまから15年前、2005年4月16日の日本武道館に衝撃が走った。日本の若きサウスポー、長谷川穂積がWBC世界バンタム級の絶対王者ウィラポン・ナコンルアンプロモーションを破ったのだ。伝説の一戦を振り返る─。  WBCバンタム級王座を10度防衛し、その後WBCフェザー級、WBC・S・バンタム級と3階級制覇を達成して一時代を築いた長谷川だが、ウィラポンに世界初 ... 続きを読む

2020年4月16日 木曜日

31~40/50件